つくしはシダ類

そもそもつくしってなんなんでしょうね。つくしはつくしですが、
シダ類トクサ科のスギナの胞子卿ですが、スギナにくっついて出る事から、付く子、
はかまのところでついでいる様に見えることから継く子となった説が有力である。
また、土から出たきた胞子茎は伸びきる前は先端まではかまにおおわれていたその姿から
筆に似ているので土の筆の土筆という字が当てられているようです。
なかなかぱっとつくしを漢字で書けといわれても書けないかもしれませんが、
土筆とかかれていたら、ああつくしだなと思えるのは漢字のすごいところですね。
すこしお話がそれますが、つくしで花粉症が治ったなんていうことも言われているようですが、
少し、調べているとどうもつくしが食べ物だったんですね。という書き込みもありました。
びっくりしました。筆者の住んでいる所は結構田舎になるので、今でも土手などにたくさんのつくしが
ありますし、小学校の頃などは友達と一緒につくし取りなどを楽しんだものですが、
最近はあんまり見ないのでしょうか?どこなら取れますか?などという書き込みもありましたから。
ただ、取るのは楽しかったのですが、あのはかま取りが本当におっくうでしたけどね。